オーダー家具の製作やギャッベ等の販売

ギャッベ
お店のギャッベ うちのギャッベ ギャッベについて ギャッベが出来るまで お手入れ

ギャッベ HOME

 

「家具」ページへ

 

アフガニスタン学校建設事業

 

Gsub3

 

Gmake1
2012年5月イラン・シラーズにて
刈り取る

標高2000メートル以上の山岳地帯に生息する羊たち。
羊を放牧し、毛を刈り取るのはカシュガイ族の男性の務め。
あつい日差しの下、羊を追います。
 


Gmake2
2013年6月イラン・シラーズにて
糸を紡ぎ出す

刈り取られた羊毛は、一本一本手作業によるものです。
カシュガイ族の女性は、手間を惜しまず、
細くても、しっかりとした糸を紡ぎ出します。
 


 

Gmake3
2012年5月イラン・シラーズにて
染める

ゾランヴァリギャッベの美しい色彩は草木染めによるものです。
ザクロ、クルミ、アカネ等、
現地シーラーズに自生する植物を染料として使います。
 


Gmake4
2010年6月イラン・シラーズにて
織る

カシュガイ族の女性は織り機に向かい、一心に織ります。
現地の風景や、羊、ヤギ等アート性豊かな
ゾランヴァリギャッベは、織り子さんが一枚一枚、
彼らの身の回りにあるものを頼りに創り出されます。
 


 

Gmake6
2014年6月イラン・テヘランにて
焼く
大胆な「裏焼き」によって、沢山の遊び毛を除去します。
天然ウール100%ですので、燃え広がる事無く、
この作業が可能になります。


Gmake7 洗う

遊び毛の除去の為、力一杯洗います。
大量の水と植物性石鹸を使いながらのこの作業は、
大変な作業ですが、ゾランヴァリでは
沢山の男の人がこの作業をしっかりされています。


 

Gmake8 干す

しっかりと洗われたギャッベたちは、天日の下に。
テヘランは年間通じて、雨の日が少ないく、日差しも強い為、
ギャッベを「干す」には良い環境です。
 


Gmake9 8 仕上げ

フリンジの仕上げや、細部のチェックを入念にします。
ここ確認作業を終えたギャッベが、私達のもとにやってきます。
 


 

■GABBEH is ZOLLANVARI GABBEH is ZOLLANVARI

 イラン・シラーズから 

 質の高いギャッベを全世界に紹介しています。

 私たちの扱うギャッベは全て

 ゾランヴァリブランドを持つギャッベばかりです。



Copyright (c) 株式会社すぎむら All Rights Reserved.